犬はなぜ飼い主の帰宅を察知できるのか?

外出先から戻ったら扉の前で愛犬が待っていたが、家人によると、ドアを開ける数分前から待っていたらしい――
こんな経験をもつ飼い主さんは、意外なほど少なくありません。
どうして犬たちは、飼い主が帰ってくることがわかったのでしょうか?

仮説はすべて犬の持つ優れた能力に由来している

犬たちはどうして飼い主の帰宅をあらかじめ知ることができたのでしょうか。
これについては諸説あり、どれが正解なのかはいまだに謎のままです。
もしかしたら諸説のどれもが正しくないのかもしれないし、犬によって理由が違うのかもしれません。
犬にインタビューして「これこれ、こういう理由です」と聞ければいいのですが、残念ながらそれは無理な話しです。
あくまで仮説をたてることしかできないのですが、おもしろいのはそのどれもが犬の持つ優れた能力を示していることではないでしょうか。

聴覚もしくは嗅覚に由来している?

犬の優れた能力といえば、嗅覚と聴覚
というわけで、まずは嗅覚や聴覚によって飼い主の帰りを察知しているのではないかという仮説からです。

嗅覚によって察知しているという説

飼い主の発しているなんらかのニオイや、自宅の車特有の排気ガスのニオイなどを嗅ぎ取っているのではないか、という説があります。
しかし、締め切った室内でそんな微弱なニオイを嗅ぎ取れるものでしょうか。
そもそも、飼い主が帰宅する10分以上前から犬がソワソワしだすとの報告が少なくありません。
10分前といえば、仮に飼い主が徒歩で帰宅するにしても、まだまだ距離が離れています。
さらには風向きにしてもそう都合よく自宅に向かっては吹かないでしょうし、建物が密集している場合はどうなのでしょうか。
車や電車などの乗り物を使っているならなおのこと、仮説としてはちょっと苦しい気がします。

聴覚によって察知しているという説

犬は聴覚の優れた生き物ですから、ありえるとは思います。
しかし飼い主がかなり離れた距離にいる段階で、犬達が帰宅を察知している状況を説明するにはなんだか弱いような……。
自宅から車で30分以上離れた場所にいる飼い主が、帰宅しようと車に乗り込んだタイミングでソワソワしだすという報告もあるそうです。
いくら聴覚に優れている犬とはいえ、やはり現実的ではないような気がします。

記憶力や観察力によるもの?

犬といえば耳がいい、鼻がいいというイメージが先行しがち。
しかし、実は同じぐらい記憶力と観察力に優れた生き物でもあります。
うちの犬は芸を教えても全然憶えない、記憶力はよくない!と思われた飼い主さん。
それって記憶力が悪いのではなくて、憶える必要のないどうでもいいことだと判断されてしまっただけなのかもしれませんよ?

飼い主の行動パターンを記憶しているという説

仕事に出かけた日は、だいたいこのぐらいの時間に帰宅する。
買い物に出かけたときは、おおよそこのぐらいの時間がたつと帰ってくる。
あの道具を持ってでかけたときは、このぐらいの時間になると家に戻ってくる。
こんなふうに、飼い主自身はあまり意識していない行動パターンを、犬達に見分けられている可能性があります。

家人の行動パターンから読み取っているという説

たとえば、夫の帰宅時間を知っている妻は、似たような時間帯から夕食の準備などを始めますよね。
犬は、この妻の行動から夫の帰宅を予測しているのだ、という説があります。
確かに、私たち人間はほとんど無意識の中で、ある程度のルーチンワークをこなしているのではないでしょうか。

電磁波を感じ取っているという説

地震の予知なども含め、犬は私たち人間より微弱な電磁波を感じ取る能力に長けているといわれています。
その能力により、飼い主が歩くときに発する微弱な電磁波を見分けているのではないか?というのがこの説の趣旨。
人間が歩くときに発する電磁波には固有のパターンがあり、指紋などと同じように個々によって千差万別であるため、飼い主を見分けられる、というわけですね。

ちょっと胡散臭い!?テレパシー説

出先にいる飼い主が「帰ろう」と考えた瞬間、自宅にいる犬がソワソワしだしたという報告があります。
もしもそれが事実だとしたら、嗅覚や聴覚、電磁波といったものではなく、テレパシーによるものだ、というのがこの説です。
なんだか胡散臭いようにも感じますが、犬と暮らしていると「テレパシーで察知したのか!?」と驚かされる瞬間は意外なほどにあるんですよね。
「そろそろサツマイモをふかそうかなぁ」と考えた瞬間、サツマイモが肉よりも好きなが我が家の犬が寝床から飛び出してきたときには、かなりびっくりしました。

愛犬を観察することが楽しい

どの説が真実なのか、もしくはどれもが外れているのか。
真偽のほどはどうであれ、愛犬を観察してみること自体が実はけっこうおもしろいんです。
その結果、もしかしたら意外なことがわかるかもしれません。
犬達は間違いなく私たち人間が思っている以上に様々な能力を有し、そして様々なことを理解しています