秋田犬保存会の血統書

秋田犬も日本犬保存会に所属する犬より、
単独で秋田犬保存会に所属している犬の方が圧倒的に多い犬種です。

日本犬保存会の展覧会に出陳される犬より、
秋田犬保存会の展覧会に出陳される犬の方が確実に質は高く、
毛の豊かさや骨格の美しさは比べ物になりません。


質の良い秋田犬を探すのであれば、
やはり秋田犬保存会に所属している犬を選んだ方が確実
といえるでしょう。

秋田犬保存会の血統書

秋田犬保存会の血統書は、
白色の上質紙に表(おもて)面は縦書きで印刷されていて、
裏面は横書きになっています。

表面には筆文字のようなフォントが使われていてなかなか雰囲気があるため、
秋田犬という日本犬唯一の大型犬にふさわしいものがあるでしょう。

これで、日本犬保存会のような和紙が使われていたら、
言うことなしなのですが……。

秋田犬保存会の血統書には、日本犬保存会や甲斐犬愛護会のように
所有者や繁殖者の住所が事細かには記載されておらず、
都道府県名のみが記されています。

秋田犬保存会も近年作出者の高齢化に悩まされてはいますが、
偶然なのか意図的なのか、個人情報については
なかなか配慮のある血統書になっています。

裏面の名義変更欄には現所有者(主には繁殖者)の
住所、氏名を記載する項目欄が設けてありますが、
犬名と秋保籍番号、現所有者の氏名が書いてあって捺印さえしてあれば、
住所欄が空欄でも受理してもらえるため、
慣れた繁殖者のほとんどは住所を記入せずに
新しい飼い主に渡すケースが多いようです。

近親交配の可能性などが見えにくい

秋田犬保存会の血統書は、
両親、祖父母、曾祖父母までの3代が記載されています。

展覧会に関係している秋田犬の犬舎では、やはりインブリードによって
良血を生み出そうとする作出者が少なからずいますが、
4代目が記載されていないことで、
ややその痕跡が見えにくいことがあります。

また、秋田犬には通常のものより
毛足の長い長毛が生まれてくることが少なからずあるのですが、
これらは通称モクと呼ばれて展覧会においては失格となるため、
どうしても作出者には嫌われてしまいます。

秋田犬の健全な繁殖という意味ではなく、
あくまでも展覧会という目を通した評価の話しなのですが、
モクの犬には血統書を発行したがりません。

しかし、飼い主がほしいと言えば
もちろん申請して血統書を発行することはできますし、
血統書の中にモクであることが記載されるわけではありませんので、
販売をベースとしてこなしているブリーダーなどは、
ごく普通に血統書を申請してくれることでしょう。

展覧会関係者には嫌われてしまうモクですが、
展覧会で勝てる質の高い犬には、
モクをだしてしまう遺伝子が含まれていることは往々にしてあります。

それは、モクにならないギリギリの毛の長さとして生まれ、
毛質は通常のハリのあるものを獲得できた時(モクの毛は通常よりも柔らかい)、
その犬は実に見事な被毛をまとうことになるからです。

つまりモクになる遺伝子というのは、
ある意味優秀な個を残すためのあだ花である
と言えるのかもしれません。