預ける予定がなくてもペットホテルはリサーチしておくべき

一人暮らしで犬を飼っている場合、
なんらかの事情により泊りがけで留守にするとしたら、
ペットホテルを利用する人は多いことでしょう。

それは何も一人暮らしに限らず、
夫婦二人や核家族などでも同じことかもしれません。

誰か一人でも留守番できればいいですが、
冠婚葬祭や旅行など、全員で留守にすることは充分にありうることです。

旅行や結婚式などであれば前もって日程が決まっていますが、
葬祭は突然ということが多いですし、
もしくは家人の入院などで家に誰もいなくなる、
ということもあるかもしれません。

どこか預かってくれる先があればそれに越したことはありませんが、
小型犬でフレンドリーな性格でもない限りは、
預かる側の技量や環境も問われてくることになります。

また、ある意味預かるにあたって責任問題も発生するわけですから、
あまり親しくもないのに頼むことは得策ではないでしょう。

そういう場合は、犬を預かるプロ
――すなわちペットホテルなどを上手に利用するという方法もあります。

ペットホテルの質は事前にしっかりチェック!

一口にペットホテルと呼んでいても、その形態には様々なものがあります。

1匹1匹をケージに入れて、完全に個々を隔離して世話するところもあれば、
性格や相性などをみて複数を同じサークル内で遊ばせながら管理するところも。

また、トリミングサロンと併設しているホテルでは、
オプションで預かっている間にトリミングをしたり、
動物病院併設では健康診断をするところもあります。

いずれにしても大事なことは
「安心して愛犬を預けることができるか?」という点であり、
衛生管理やスタッフの質など、出来る限り情報を集めておくに
越したことはありません。


たとえ一生涯預けることがなかったとしても、
もしもそういう状況になったら…ということを想定し、
日頃からペットホテルのリサーチをしておくと、
いざという時にあわてなくて済むでしょう。

感じが良いスタッフがいる、だけではダメ

預かってくれるスタッフは、
寂しくて不安になっている愛犬の世話をしてくる人達ですから、
当然感じがよくて犬が好きな人の方がいいに決まっています。

しかし、それだけを判断基準にしてはいけません。
ペットホテルというのはいろいろなところから
犬がやってくるわけですから、衛生管理というのはとても重要な項目です。

そのため、伝染病予防ワクチン接種済みの犬だけを預かるホテルを選ばないと、
最悪の場合はホテルで何らかの病気に感染してしまうことがあります。


「伝染病予防ワクチンを接種していない子は預かれません」と言っておきながら、
きちんと証明書の提示を求めず、確認しないホテルの場合は
予防接種をしていない犬を預かっているかもしれません。

事前にリサーチをせずにあわてて預けると、
そういうことを確認する暇もありませんから、
予定のあるなしに関わらず、もしもの時はここ!
というペットホテルを見つけておきましょう。