MENU

犬が草を食べる理由には諸説あり

この記事の目次

散歩の途中、ふと気づいたら犬がパクパクと草を食べていた……
こんな経験をしたことのある飼い主さんも、少なくないのではないでしょうか。
ところで、犬が草を食べるという行為
理由については諸説あるものの、実際のところは完璧に解明されているわけではありません。

何かを吐き出したくて食べているという説

なんとなく、これが有力なのでは?という理由づけとしては、何かを吐き出すために草を食べている、という説があります。
犬が好んで食べるのは細くて先の尖っている、イネ科の草。
野原でも土手でも、日本全国どこでも見かける、あの地味な雑草もイヌムギという名のイネ科の植物です。
この尖っている先端が胃の中をチクチクと刺激することにより、嘔吐を誘発しているのではないか?と考えてられているわけですね。

犬は猫ほど毛づくろいをしないため、そうそう毛玉を吐き出すような必要はありません。
しかし、それでも異物を飲み込んでしまったときや、胃腸の調子が悪くて胃液を吐き出したいときなどに草を食べているのではないか、と考えるのは、確かに理屈として無理がないように思えます。

何かを食べるという行為そのものを欲しているという説

胃腸の調子が悪いときに、何かを吐き出すために草を食べているという説にはとても説得力があります。
しかし、どう見ても胃腸の調子が落ちているとは思えない、元気モリモリの犬であっても草を食べることがあるんですよね。
というわけで、単純に何かを食べて飲み込みたいのでは?という説もあります。

基本的に犬は食いしん坊であり、何かを口に入れて飲み込むことが大好きな生き物。
日々の食事で栄養やカロリーの面が充分であっても、犬が満腹になることはまずありません。
言い換えれば、犬はいつだってお腹を空かしているような状態なのです。
そこで本能的に「この草は食べても毒がない」と知っているイネ科のイヌムギなどを食べているのではないか、と考えられるわけですね。

我が家で暮らしていた歴代の犬達の行動を考えてみても、実はこの説が一番フィットします。
なぜなら、うちの犬達は草を食べても嘔吐はせず、普通に便と一緒に草を排泄していたからです。
もしかしたら一番最初のきっかけは、本当に胃腸の不調だったのかもしれません。
しかし、その後は食べて飲み込むという行為がしたいがために、草むらに突入しているようにしか見えなかったんですよね。

精神的なストレスが原因ではないかという説

胃腸の不調が原因ではないのに草を食べる理由として、精神的なストレスが原因ではないかという説もあります。
単純に草を口に入れて飲み込むという行為が楽しい、嬉しい、というより、もっとネガティブなイメージと言えばわかりやすいでしょうか。
飼い主にかまってもらえない、散歩の量が足りない、環境の変化がつらい、といったように、なにがしか精神的にストレスを受けていて、それを発散するために草を食べるという行為に没頭するのではないか?という考え方もあります。

犬は人間が考えている以上にセンシティブな生き物。
飼い主にないがしろにされている、という現実には敏感に気づいていても不思議ではありません。
こういう理由で草を食べているとしたら、遅かれ早かれ大きく体調を崩すことになるでしょう。
なぜなら精神的に抑制が効かない状態で草を食べているということは、適量を超えて食べている可能性が大きいからです。

そもそも犬の胃腸にとって草は消化ができない異物。
食べ過ぎれば胃腸を痛めることになり、さらには飼い主が犬に注意を払っていないため、体調の異変に気づくのが遅れがちになりやすいという環境にいるからです。
犬好きとしてはこのような理由で犬に草を食べてほしくはありませんが、一理としてありえるのではないでしょうか。

不足している栄養や酵素を補うため、という説

本来は食べ物ではないものを食べているときに、必ず出されるのがこの理由です。
食糞をする理由としても、わりとスタンダードにあげられていますよね。
草食いに関しても、葉酸が不足しているのでそれを補うためだとか、ドッグフードだけを食べている犬は慢性的に酵素不足に陥りやすいからだとか、まあ理屈としてはありそうな気もします。

しかし、実際のところはどうなんでしょうか。
たとえば、きちんとしたドッグフードを選んでいる限り、そうそう葉酸が不足するとは思えません。
また、ドッグフードのみを食べている犬は酵素不足になるから草を食べているのだとしたら、ドッグフードを主食にしている犬のほとんどが草を食べたがるはず。
しかし、実際はそんなことはありませんよね。
この説が間違っている、こんなことはありえない、とまでは思いませんが、仮にこういう理由で草を食べる犬がいるとしても、割合としてはかなり少ないのではないかという気がしてなりません。

理由はともかく、食べさせるなら安全な草を

このように、犬が草を食べる理由については、あくまでもそのすべてが推測でしかありません。
しかし理由はなんであれ、犬が草を食べるうえで大切なこと。
それは、食べても安全で安心な草を飼い主が選定することです。

野良猫や動物の糞尿で汚染されていないこと、農薬や除草剤の影響を受けていないこと
最低でもこれぐらいのラインは確保しておきたいところです。
そう考えると、ホームセンターで売っている「犬猫が食べるための草」なるものは、実はとても便利なアイテムなのではないでしょうか。