ウェスティーは見た目が可愛くても立派な害獣駆除犬

白い毛に真っ黒いつぶらな瞳、丸っこい顔にぴょこっと立った三角の耳。

そして胴長というわけではないのに、足が短い体型が顔の丸さを強調し、
まるでヌイグルミのような可愛い容姿を持つ犬です。

しかし、どんなに可愛くても、この犬がテリアであることを忘れてはいけません。

元々は害獣を狩るための犬

ウェスト・ハイランド・ホワイトテリア(ウェスティー)は、
キツネやアナグマなどの害獣を狩る犬でした。

それは時として接近戦になることもあり、
その場合は動物と戦わなければいけなかったわけですから、
当然のことながら気の優しい犬では務まりません。

それなりに反撃し、身を守るための被毛なども発達してきた歴史を持つのです。

そのせいで顔にも毛がたくさん生えていますから、
手入れをさぼるとあっという間にボーボーの毛で埋もれてしまうことになるでしょう。

性質にはかなり個体差がある

ウェスティーは数ある犬種の中でも、
かなり性格に個体差があるといわれています。


ペットショップなどで展示販売されている個体は、
この気質の部分がまったくわかりません。

見た目の可愛さだけで決めてしまうと、
後々に苦労するかもしれないことを覚悟しておきましょう。

大量生産型のブリーディングが少ない

とはいえ、ウェスティーはペットショップで子犬を見かけること自体が、
おそらくとても少ない犬種の一つ
です。

それというのも、ウェスティーという犬種が日本においては
ブームになりにくいからなのかもしれません。

例えば、日本人は白毛を好みますが、
ウェスティーよりはマルチーズの方が好まれます。

それは、同じ小型犬でも
マルチーズの方が体格が小さいから、ということもあるでしょうが、
白毛そのものの美しさがマルチーズの方が上だからなのかもしれません。

ウェスティーの白毛は粗毛で、サラサラのシルキーという感じではないのです。

そしてそんな粗毛は汚れがつきやすく、
真っ白いまま美しい毛を保とうと思ったら、かなりの気合が必要となる
でしょう。

では、粗毛そのものを楽しむと考えた場合、
その人気はミニチュアシュナウザーに負けているかもしれません。

サイズ的にはさほど変わりませんが、
シュナウザーはウェスティーに比べると毛色のバリエーションがありますし、
カットスタイルがより作りやすい毛質をしているのです。

ブームにならないことはラッキーなこと

しかし、ウェスティーにブームがきていないことは、
とても幸運なことなのかもしれません。

なぜなら、大量生産型のブリーディングがされないからです。

そのおかげでウェスティーという犬種の特性は、
かなりきちんと保持され続けています。

トイプードルやダックスなどに比べて、
限りなく犬種本来の特性を維持した個体を手に入れる確率が高い
といえるでしょう。

ウェスティーはテリア種ではありますが、
さほど多くの運動を必要としているわけではありません。

そういう意味では一般家庭でも飼いやすく、本来快活で愛らしい犬なのです。

気質をきちんと理解したうえで選んだ飼い主にとっては、
快活に周囲を振り回す姿すらもが楽しく思えるでしょう。