夜にしか散歩できない犬は病気になる?

共働きや一人暮らしの飼い主さんは、
犬の散歩を夜間にしかできないこともありますよね。

そんなとき、ふと思ったりしませんか?
「犬をあまり日光にあてていないけれど、健康に影響はないだろうか?」と。

日光浴はビタミンD合成のため?

太陽光線にきちんとあてていないので、骨の病気にならないかと心配なんです。
……と、ある飼い主さんから相談されたことがあります。

うーん、これはかなり昭和なお母さんの発想かもしれません。

健康な骨のために、赤ちゃんには一定時間の日光浴を、
というイメージからきているのでしょう。

いわゆる、日光浴によって体内でビタミンDの合成を促さないと、
カルシウムが吸収されない、というやつですよね。

実はこの理屈、紫外線による害悪が問題視されている現代では、もう推奨されていません。
母子手帳から日光浴の記載も消えて久しくなりました。

というか、そもそもこれは人間の話しであり、犬の体にはあてはまりません。
犬の体は人間と違い、日光浴によって
ビタミンDが効率よく形成されるようにはできていない
んですね。

つまり、犬にビタミンDを摂取させようと思ったら、
食べ物やサプリメントで補う必要がある
わけです。

人間と同じような感覚でカルシウムをたくさん摂取させ、
日光を浴びさせればビタミンDが合成されて強い骨の犬になる!
というのは正しくありません。

熱中症にならない適度な陽射しを

では、犬にはまったく日光浴は必要ないのでしょうか?
これは、正直言ってとても微妙なラインなのかもしれません。

もともと犬は熱中症にかかりやすい生き物ですから、
気温がある程度高くなるような時期にガンガン陽射しをあびることは危険です。

しかし、たとえば冬の寒い日に、
陽だまりでポカポカしている場所でお昼寝をすることは、
犬にとってもさぞかし気持ちが良いことでしょう。

この「気持ちよい」が体に悪いわけがありません。
要するに程度の問題で、精神的なリラックスなどの効果を考えたら、
ちょうど良い日光は犬の体にも良い、と考えてもよい
のでしょう。

さらには、爽やかな気候の昼間に大好きな飼い主さんと外に行けるとしたら、
犬にとってはどれほど嬉しいことでしょうか。

つまりは、ビタミンのためだとかそういう理屈ではなく、
地上に生きる哺乳類として日光は普通に必要
なのでしょう。

毎日じゃなくてもOK

普段は夜間にしか散歩に連れ出せないからといって、悲観することはありません。
お休みの日の昼間、愛犬と楽しく散歩をすればいいだけのことです。

もちろん、気温が高い季節なら早朝に連れ出すなどの配慮は必要ですが、
毎日日光のある時間帯に外に連れ出さなければいけない、
と思いつめる必要はないのではないでしょうか。

たとえ1週間に1日、1ヶ月に1日しか昼間の散歩に連れ出してやれなかったとしても、
自分に可能な範囲で愛犬と一緒に明るい時間帯の散歩を楽しんでください。

なぜなら、飼い主の心がリラックスしていることが、
犬の気持ちをより安定させてくれるからです。