ペコちゃんみたいにペロッと舌が出たままの犬

不二家のペコちゃんのように、ペロっと舌を出したままの犬を見たことはありませんか?
一瞬だけ舌が出てしまったのではなく、常に舌が出たままになっている犬のことです。

チワワやヨーキーのように小型犬であることが多いためか、なんとも愛くるしく見えるものですが、だからといって「ペコちゃんみたいに舌が出っぱなしの犬を飼いたい!」などと思ってはいけません。
なぜなら、ペコちゃんのような犬達は、なにも好きで舌を出したままにしているわけではないからです。

なぜ舌が出たままになっているのか

舌が出てしまっている原因は、生まれつき舌が長すぎるからではありません。
また、なにか特殊な病気にかかっているだとか、舌に奇形があるからでもありません。
ざっくり言ってしまえば、おもには歯にまつわる問題が原因となっています。

  • なんらかの原因で歯の数が減ったことにより、隙間から舌が出てしまう。
  • 歯のサイズが小さすぎるせいで、舌が口外に飛び出さないようにおさえておくことができない。
  • オーバーショット(出っ歯)の度合いが強いため、噛み合わせの隙間から舌が飛び出してしまう。

主な原因としては、こんなところでしょうか。

もちろん、アゴになんらかの奇形等があって噛み合わせが正常にいかず、その結果舌が出てしまっていることもあります。
いずれにしても、舌が出っぱなしになっているのには、それなりに理由があるわけですね。
もしも、ペコちゃんのように舌がでているのが可愛いから、という理由だけでそのような犬をあえて生み出そうとする人がいたら、外道だと判断して間違いありません。

舌が出っぱなしの犬が気をつけなければいけないこと

子犬の頃は正常だったのに、成長とともに舌が出っぱなしになってしまうことはありえることです。
また、なにかの縁ですでに舌が出っぱなしの犬の飼い主になることもあるでしょう。
舌が出たままになっている犬の飼い主さんは、以下のようなことに注意する必要があります。

  • 歯周病の原因となる歯垢や歯石がたまっていないか?
  • 抜けきっていない乳歯が歯列に残ったままになっていないか?
  • 出たままになっている舌が乾燥していないか?
  • 舌に傷がついていないか?

これらのことはどの犬にも必要なことではありますが、ペコちゃんのような犬の飼い主さんは、よりこまめに確認してあげましょう。
お口の健康は全身の健康につながっています