ロットワイラーはコワモテに見えても訓練性能抜群

ロットワイラーはドーベルマンやジャーマン・シェパードと同じように、
ある意味とても誤解の多い犬種です。

すなわち、怖いとかキツイというイメージが先行してしまい、
本来持っている能力や性質がきちんと評価されていない
、ということでしょうか。

おもしろいもので、この3種類、実はすべてドイツ原産の犬です。

ロットワイラーの性格

ロットワイラーはそのコワモテが災いして
凶暴なイメージがつきまとってしまいますが、実際の性格はかなり違います。

飼い主に対してはとても甘えん坊な性格の個体が多く、
また意外なまでにのんびりとした気質の子もたくさん見られます。


ただし、勘違いしてはいけません。
誰に対してもそういう態度をとるわけではないのです。

どんなタイミングで本来持っている警戒心や、
防衛本能が呼び覚まされるかわかりません。

そのため、「ロットワイラーって本当はこんなにいい犬なんだ!」
と周囲にわかってもらうためにも、子犬の頃からのしっかりとしたシツケと
トレーニングを欠かしてはいけない
のです。

それを怠ると、ほんの少し相手を威嚇しただけでも
コワモテのせいで「凶暴な犬」という烙印を押されてしまうでしょう。

ロットワイラーをのんびり屋さんでいさせるためにも、
飼い主が手抜きをしてはいけないのです。

体格は中型犬でもパワーは大型犬

ロットワイラーは中型犬と大型犬の境ぐらいの体格をしています。

しかし、筋肉質の体を見てもわかるように、かなり強い力を持つ犬です。
そのため、きちんとリードのトレーニングをしておかないと、
散歩の時にずるずると引きずられてしまうことになるでしょう。

コワモテの犬が飼い主を引きずって、
ゼェゼェ息を吐きながら散歩をする姿というのは、
それだけで犬が苦手な人をおびえさせてしまうことがあります。

ロットワイラーは訓練性能のとても良い犬ですから、
きちんとトレーニングをすることで、
ドーベルマンやシェパードに勝るとも劣らない能力を
発揮することができるはずなのです。

また、この犬種は本来大地をしっかりと踏みしめて歩く姿が
実に堂々として勇壮なものがあります。

そんな歩き方で散歩をすることができるようにトレーニングすることは、
ロットワイラーを選んだ飼い主の義務だと思うべきでしょう。

お腹の調子に要注意

ロットワイラーはお腹が敏感になることが多い犬種です。

そのため、運動の後や暑い時期に水のガブ飲みをさせるとお腹がゆるくなりますので、
適度に与えるよう注意をした方がよい
でしょう。

下痢が続くと、皮膚なども敏感になることがありますから、
お腹の調子を落としてしまうといいことが一つもありません。


また、ロットワイラーはその体型から胃捻転を起こしやすい犬種の一つでもありますので、
普段から気をつけておいた方がよいでしょう。