ストレスの多い犬にはレバーが効く!

レバーは栄養豊富でも毎日食べさせるとビタミンAが過剰になり、
体調不良を起こす可能性のある食材です。

そもそも安全性の高い新鮮なレバーを手に入れることが難しいことは、
前の記事でもお伝えしました。

ならば無理をしてまでレバーを手作り食材に加えなくてもいいのでは?
と思われるかもしれません。

品質の良いレバーが手に入らないなら、確かにその方がいいでしょう。

しかし、ネット通販などを利用して手に入れることが可能なら、
特別な食材として検討する価値は充分にある
のです。

レバーが力を発揮する時

ストレス対策うんぬんというのは、
人間の世界においては取り沙汰される機会が多いですが、
実は犬にとっても深刻な問題です。

ところが犬が強いストレスを感じていても、
無駄吠えをしている、イタズラをして困る、落ち着きがないなどと、
まるで飼い主の方が犬の悪行によってストレスを受けているかのように捉えられがちです。

もしも自分の犬に問題行動があると感じているなら、
それは何がしかのストレスによって引き起こされているのかもしれません。


たとえば、このところ仕事や何かが忙しくて犬を運動不足にさせていませんか?
工事現場の音や隣近所の音などを犬が気にしていませんか?

その音はもしかしたら人間の耳には聞こえないか、
気にならない程度かもしれません。

雷の多い季節はそれだけで強いストレスを受けることがありますし、
留守番の最中や飼い主の就寝後、空調が快適ではないせいで
体が疲弊している可能性もあります。

何かストレスを感じる原因がないかを探ったら、
まずはそれを解消することから始めてみましょう。


そして同時に、新鮮で安全なレバーを手に入れて、
食の面から犬の体をサポートしてあげてください。
レバーに含まれる豊富な栄養素の中でも、ビタミンB群は神経伝達物質を合成し、
さらには免疫に必要な物質を作るためにも大いに役立ってくれるのです。


もちろん食べさせすぎはNGですが、適度な量のレバーは
ストレスで弱ったときのスペシャル食材になるのです。

レバーが原材料のオヤツを上手に利用する

新鮮で安全な生のレバーが手に入りにくい場合は、
レバーを使ったオヤツなどを利用するとよいでしょう。


犬のための安全な食材を販売する店の中には、
安全性や製法にこだわったレバーのオヤツを売っているところがあります。

乾燥したレバーなら日持ちの問題も楽になりますから、
犬の食生活の中に上手に取り入れて、愛犬の健康をサポートしてあげてください。