タバコの副流煙による犬の健康被害はかなり深刻

禁煙、分煙が叫ばれるようになり、タバコを吸う人にとっては、なにかとやりにくい世の中になりましたよね。

とはいえ――。
やはり、受動喫煙による害については気にしてほしいところです。

なぜなら、犬の受動喫煙による健康被害は、喫煙者である飼い主が考えている以上に深刻なものがあるからです。

犬の被毛を嗅いでみよう

部屋の中でタバコを吸ったあと、犬の被毛をくんくんと嗅いでみてください
かなりタバコのニオイがついていることに気がつきませんか?
タバコのニオイがついているということは、つまり副流煙が犬の被毛に染みついている、ということです。

タバコの副流煙に含まれる有害物質の量は、喫煙者が自ら吸い込む主流煙より多いのはすでに周知の事実。
ニコチンは約3倍、アンモニアは約50倍といわれています。

換気扇の真下でタバコを吸っているから問題ない?
いやいや、それでもタバコの煙はしっかりと愛犬のところまで流れてきています。
もしも換気扇がタバコの煙を100%吸い込んでいるなら、換気扇の周囲に油なんてつきません。
しかし、いくら換気扇のスイッチを「強」にしたところで、油汚れはフードカバーや壁などのいたるところについていますよね。

それと同様に、タバコの煙も換気扇外に流れ出しているのです。

シャンプーすればいい、という問題ではない

犬の体にタバコのニオイがついてしまったら、シャンプーをしてやればいい、というのは実に安直な考えです。

では、タバコを吸うたびに犬をシャンプーできますか?
おそらく、それは難しいですよね。

飼い主が面倒なのはもちろんのこと、そんなにこまめにシャンプーしていたら、犬の皮膚にだって悪影響がでてしまうことでしょう。

犬は自らの被毛をはじめ、いろいろな場所をなめてしまう生き物
被毛に付着した副流煙の成分もなめますし、ソファや家具、寝床などのありとあらゆる副流煙が届いた場所をなめる可能性が高いのです。

おまけに、副流煙に含まれる有害物質は下に沈んで沈着しやすいため、結局のところは人間より体高の低い犬にとって近い場所――床にたまっていくことになるのです。
犬にタバコの煙が付着しているから床を絶対なめるな、と言ったところで、それが無駄だということは言うまでもありませんよね。

そのアレルギー、本当にアレルギーですか?

咳やクシャミの多い愛犬。
ウチの子はアレルギー体質だと思い込んでいたら、実はタバコの副流煙が原因なのかもしれません。

放っておくとそのうち気管支炎などを起こしてしまったり、最悪のケースは肺がんや鼻腔がんの原因になることもありえるのです。
禁煙しようとは思っているんだけど、これがなかなか……。
それを言い訳にしている飼い主さんが、自分の体を痛めるのは自己責任です。

しかし、犬は飼い主が与えた環境でしか生きることを許されていません
愛犬に健康で長生きしてほしいと願いながら、そのすぐ近くでタバコを吸っている――。
この行為は、長生きを願いながら自分の手で愛犬の寿命を削っているのと同じです。