オスとメス――どちらを選んでも一長一短

オスとメス、どちらか飼いやすいですか――?
かなりよく聞かれる質問の一つです。

まあ、初めて犬を飼うのだとしたら、
性別の決定は大きなポイントの一つではありますよね。

ところで、この質問の真意とはいったい何なのでしょうか。

「オス、メスどちらの犬と暮らしたらより楽しいですか?」
―― もし質問の意味がこれだとしたら、答えは簡単です。
どちらと暮らしても楽しいですよ。

しかし、もしもその質問の意味が「どちらの方がシツケは簡単ですか?」
だとしたら、こう答えるしかありません。

その感覚でしつけようとしたところで、
オス・メスどちらであっても手を焼きますから、むしろ好きな方にしたらどうですか?

性別できっちり性格が分かれるはずがない

よく言われることの一つに、
オスはメスよりも甘えん坊であり、メスはオスより大人しくてしつけやすい、
というものがあります。

これは、すべてが外れているとは言いませんが、
だからといってその通りでもありません。

実際にオス・メスの両方と暮らしてみればわかることですが、
どの子より甘えん坊なメスもいれば、
周囲のメスより格段にシツケのしやすいオスもいます。

まあ、そんなことはある意味当たり前のことですよね。

我々人間に置き換えればわかりやすいと思います。
人間の子どもだって、男の子が一律に乱暴で
女の子が必ずしもおとなしいというわけではありません。

ですから、オス・メスの差については「どちらかといえば」
……という程度の参考にする分にはいいと思いますが、
結果を期待してオス・メスを決めてしまうと、
「聞いていた話しと全然違う……!」と裏切られた気分になるかもしれません。

わかりやすいのは姿形の部分

性格については絶対とは言えないという話しをしましたが、
ある一点においてはオス・メスでかなり明確に差が出る部分があります。

それは、見た目です。
ほとんどの犬種において、体格はメスよりオスの方が大きくなるケースがほとんどです。

ペキニーズなどは珍しくもメスの方が大きくなりやすい傾向にはありますが、
それ以外の犬種はほぼオスの方が骨格そのものがガッチリとしています。
小型犬ではあまり目立ちませんが、中・大型犬になるとその傾向は顕著。

また、比例して被毛の豊かさや毛吹きの美しさもオスの方が勝ることがほとんどです。

つまり、より立派な体躯で見事な毛吹きの大型犬がほしいと思ったら、
メスよりオスを選んだ方が確実ではあります。

小型犬は体格差が出にくいため、一見するとわかりにくいのですが、
それでもやはりオスの方が骨格がしっかりしている個体が多いでしょうか。

そして被毛についてもオスの方が豊かになることが多いため、
ロングコートの犬種で目立つ犬に育てたいのであれば、
オスを選んだ方がより可能性は高くなるわけです。