サマーカットには危険がいっぱい

真夏の炎天下で頭がボサボサの人を見かけると「暑苦しい~!」と思いますよね。
では、被毛がフサフサの犬を見かけたらどうでしょうか。

やはり「うわぁ、暑そう!」と思いませんか?
そして、そのフサフサの毛をさっぱりとサマーカットにしていると、
涼しそうに見えることでしょう。

しかし、サマーカットにすることで犬は本当に涼しくなっているのでしょうか?

犬の被毛は断熱材の役割を果たしている

フサフサとした被毛をすっきりサマーカットにすると、とても涼しそうに見えます。

しかしこれは単に人間が見た時の印象が涼しくなっただけのことであって、
当の犬にしてみれば全然涼しくなっていません。

むしろ、大切な断熱材を失ってしまった体は、
より暑さを感じているかもしれない
のです。

例えば夏場に屋外でバーベキューをするとしたら、
食材はクーラーボックスや発泡スチロールなどに入れて運びますよね。

これは箱の内部が外気の影響を受けにくいため、
温度をある程度以下に保つことができるからです。

犬の毛はこれと同じ働きをしており、
それをサマーカットでばっさり取り除いてしまうことは、
食材をポリ袋一枚に入れて運ぶのと同じことです。

サマーカットで日光直撃

犬の被毛は断熱材の役割を果たしているだけではありません。
皮膚が直接日光――すなわち紫外線にさらされることを防ぐ役割もある
のです。

犬の皮膚は強いと勘違いしている人はたくさんいますが、
実際には私たち人間よりずっとデリケートで、
人間用のシャンプーで犬を洗うと皮膚が荒れてしまうことは珍しくありません。


その皮膚がサマーカットによって直射日光にさらされたらどうなるでしょうか?

日焼けで肌は火傷をしたような状態になり、
免疫力を失った皮膚は感染症にかかりやすく、
慢性的に炎症を起こし続ければ皮膚ガンを引き起こす可能性も高くなる
のです。

サマーカットは人間の自己満足でしかない

年中走り続けている犬、例えば牧羊犬やディスクドッグなどは
体温の上昇を防ぐためにサマーカットにすることでメリットがあります。


その場合も、ただ単にばっさりカットしているわけではなく、
危険を伴わないギリギリのラインを残してカットしているのです。

しかしごく普通に家庭の犬として暮らしているのであれば、
どんな犬種であってもサマーカットは必要ありません。


特に、本来被毛をカットしない犬種の毛をカットしてしまうのは、
飼い主の自己満足でしかない
のです。

犬が涼しくなると思って…、とサマーカットにするならまだしも、
手入れが楽だからという理由で安易にサマーカットにする飼い主がいます。

そういう飼い主は、そもそも犬を飼うべきではないのかもしれません。