犬に洋服を着せるのは飼い主の自己満足?

ペット用品売場にはドッグフードやオヤツはもちろんのこと、
オモチャ、食器、ペットシーツ、トリミング用品などなど、
犬を飼うにあたって必要不可欠なものから、
なくてもいいけどあったら便利、あるとより楽しいものが並んでいます。

中でも、犬用の洋服は壮観ですよね。
デザインやカラーが豊富なのはもちろんのこと、
暑さ寒さに対応した高機能の製品まであるのですから、見るたびに驚かされます。

まあ、一番驚くのはそのお値段かもしれませんが……。

飼い主が着ている量販店の洋服より、小型犬用の小さな洋服の方がずっと高い
などということは、いまや珍しくもありません。

洋服を着せることの是非

犬の洋服といったら、まずは小型犬の姿が思い浮かびませんか?

ヌイグルミのように可愛い小型犬が
色とりどりのきれいな洋服を着ている姿は確かに可愛らしく、
機能うんぬんは別にしても、なんとなく着せたくなる飼い主の気持ちはわかりますよね。

しかし、犬が洋服を着るという事実そのものに眉をひそめる人がいることもまた事実。
「犬にオシャレをさせて喜ぶなんて自己満足もいいところ!」
とあからさまに否定する人までいます。

この意見、間違ってはいませんが、正しいとも思いません。
オシャレの観点だけで考えるなら、確かにそれは飼い主の自己満足なのでしょう。

しかし、犬種によっては洋服を着せることで
健康面を守っていることもある
のです。

特に、寒さに弱い犬種にとって洋服はまさに必需品。

室内で暮らしているのだから洋服など着ていなくても生きられるだろう?
と言ってしまえばそれまでですが、保温という点から考えたら、
たった一枚の布切れが実は意外に役立っていたりするのです。

では暑い季節になったら着せなくてもいいと言われそうですが、
現代日本においてはこれがそうでもありません。

空調の効いた室内は涼しくて過ごしやすいですが、
冷房の風が犬の体を冷やしすぎてしまうこともあるのです。
特にお腹が冷えると腸の働きが鈍って免疫力が低下しますので、注意が必要です。

その犬、服を着せたら危険です!

洋服を着ているのはなにも小型犬に限ったことではありません。
中型犬、大型犬だって着ている子をけっこう見かけますよね。

中・大型犬にも寒さに弱い犬種はいますし、
抜け毛対策や雨の日の泥除けにもなりますから、
頭から否定する必要はないのでしょう。

ただし、注意しなければいけないことがあります。
それは、暑さに弱い犬種に洋服を着せることで、
気温によってはある意味それは拷問です。

たとえば、いくら携帯電話会社のCMの姿が可愛いからといって、
北海道犬(CMのお父さんは白毛ですね)に洋服を着せることは本来おすすめできません。

北海道犬は猛吹雪の屋外でも普通に寝ることができる犬。
寒さには猛烈に強い反面、暑さにはどうしても弱いのです。

お父さん犬みたいにコスプレさせて楽しむのもいいですが、
ほどほどにしておかないと体調悪化の原因になりますよ!