成犬の歯が抜けるのはシャレにならない

子犬の乳歯が抜けるのは成長の証で喜ばしいことですが、
成犬の永久歯が抜けてしまうことは、喜べる要素が一つもありません。

なぜなら、永久歯が抜け落ちるということは
歯周病がかなり進んでいる証拠であり、
すでに多くの病気の原因となる菌が
体中を駆け巡ってしまっているかもしれないから
です。

犬の歯周病はとても危険

犬の口は臭いものだと思い込んでいる人がいますが、それは間違いです。
歯垢や歯石のない健康な歯を持つ犬の口は臭くありません。

犬は肉食動物の名残として唾液のPH値が高く、
またあまり口内で食べ物を咀嚼しないため虫歯にはなりにくいのです。

もちろん皆無ではありませんが、
ドッグフードや適度な犬用のオヤツを食べているぐらいでは、
ほとんど虫歯にはなりません。

しかしその反面、歯周病にかかっている犬はたくさんいます。
基本的に犬が人間のように歯を磨かない以上、
食べ物のカスが歯間にこびりつき、
歯石ができて歯肉炎を起こしてしまうからです。

つまり、人間と同じようにこまめに犬の歯を磨いていれば、
歯周病はかなりの確率で防げるわけです。

犬の口の中をのぞいてみる

とはいえ、毎朝毎晩犬の歯磨きをするというのは、
なかなか大変なものであることは間違いありません。

それでも、毎日ではなくてもこまめに口内をチェックし、
その時に歯をきれいにするだけでもかなり結果は違ってくるでしょう。

少しでも口臭を感じたら、すぐさま口の中をのぞいてみてください。
特に歯茎を観察してみると、歯肉炎が始まっているかどうかはすぐにわかります。

歯茎の色の赤味が強くなっていたら、歯肉炎が始まっている証拠。
見つけ次第、なんらかの対処を始めるべきでしょう。

まだ歯がぐらぐらしていないこの時期に対処を始めれば、
かなりの確率で正常な口の中に戻すことができるのです。

しかし、この状態に気づいていながらそのまま放っておけば、
次に気がついた時には歯がグラグラしてしまっているかもしれません。

歯周病の恐ろしさ

1本や2本歯が抜けたって、
犬はたいして噛まずに飲み込んでしまうのだから問題ないだろう、
などと思ったら大間違いです。

歯が抜けるほど歯周病が進んでいるということは、
その細菌が血管を通して全身を駆け巡っている可能性が高くなります。


これによって肝炎や腎炎、心筋梗塞、心内膜炎、弁膜症などを
発症させてしまうかもしれないのです。

また、歯が抜けるということはその隣の歯まで支えを失うことになり、
次々に歯が抜けていく状況まで引き起こしてしまうかもしれません。

可愛い愛犬だから口が臭いのは気にならない、などと考えるのではなく、
このニオイは命の危険にさらされているサインなのだということに気がつくべきなのです。