インターネットで子犬を買う前に調べること

人気の主流は小型の室内犬

高い人気を誇る室内犬・トイプードル

人気犬種というのは時代によって移り変わるものです。
しかしここ数年の傾向として、
多少の順位変動はあるものの小型室内犬の人気が高いことは間違いありません。

トイプードル、チワワ、ミニチュアダックスフンドなどが
その代表格になるでしょうか。

こういった小型の人気犬種は、
どこのペットショップに行っても手に入れることは難しくありません。

では、すぐ近くのお店で手に入るこういった種類を
インターネットで購入するとしたら、そのメリットは何なのでしょうか?

それはより安く購入する、もしくはより質の高い子犬を手に入れることです。

まずは相場を把握するところから始める

相場調査のイメージ

自分が欲しいと思う犬種が決まったら、
まずはインターネット上で売り出されている子犬の『相場』を確認していきましょう。

何軒ものショップを閲覧し、
子犬の情報を確認しているうちに
ある程度の傾向が見えるようになってくると思います。

例えば、小型犬の場合ほぼすべての犬種で
オスよりメスの方が価格が高く設定されています。


さらには毛色によっても価格に違いがあることに気がつくでしょう。

トイプードルを例に例えるなら、
価格が高いのはレッドやアプリコットという
ティディベアを連想させる毛色であり、
ホワイトやブラックはよほど血統が良くない限り値段は安めです。

また、将来予想される体格が小さければ小さいほど高価ですし、
シルバーやブラウンは比較的珍しい毛色ではあっても、
さほど人気カラーではないため価格はマチマチ…といったところでしょうか。

こういったことがつかめてくると
価格帯の上限と下限がわかってきますので、そこから外れて値段が高すぎる、
もしくは安すぎるという場合には何らかの理由があると判断されるわけです。

優良な個体を手に入れることが大切

プライスと書かれたキューブ

ある程度の相場がつかめたら、
近所のペットショップの価格帯と比較検討してみましょう。

もし、犬の質的にほぼ同じ条件でありながら
近所のペットショップの方が総額が安かったとしたら、
わざわざネットで購入する必要はない、と結論してもよいわけです。

しかし、仮に総額は似たような金額になったとしても、
ネットで見つけた子犬の方が毛色が濃くて美しい、
血統が優秀である、体格が小さめだけれど噛み合わせに問題がないなど、
より優良な子犬だった場合はこちらの個体を選ぶことを真剣に検討するべきです。

ただし、画像や記載内容だけを鵜呑みにして決めてはいけません。
ネットショップで購入するかどうかを決めるためには、
ここからが重要になってくるのです。