チョコレートもブドウも犬に食べさせてはいけない!

タマネギやニンニク、カレーや麻婆豆腐など
香辛料が強いものを犬に食べさせてはいけない
――。
この程度のことは犬を飼っていない人でも知っている知識でしょう。

塩分の強いものも避けた方がよい――。
犬を飼っていれば、このぐらいのことまでは
常識としてほとんどの飼い主が知っています。

しかし、犬が食べたら危険な食品は他にもたくさんあり、
中には「えっ、こんなものまで!?」と驚くようなものがあるのです。

チョコレートは危険

犬はチョコレートに含まれるテオブロミンという成分に弱い生き物です。

テオブロミンはカカオ豆に含まれているため、
チョコレート全般が犬にとって危険なわけですが、
最近流行しているカカオの含有量が高いチョコレートは
テオブロミンの含有量が高いため、なおのこと危険です。

犬がテオブロミン中毒を起こすと、
その症状は嘔吐や下痢、異常な興奮状態や虚脱だけでなく、
不整脈や痙攣、昏睡など命に関わることもあります。

「うちは犬にチョコレートなんてあげないから大丈夫」と楽観視してはいけません。
食卓の上に置いたものや、カバンの中に入れていたものを
犬に食べられてしまったことはありませんか?


そのような経験がある場合、
いつチョコレートを盗み食いされるかわかりません。

中には飼い主が気をつけていたにも関わらず、
小さな子どもやお年寄りなどが犬が喜ぶと思って
勝手に食べさせてしまったケースもあります。


また、市販されている犬用のおやつ、オモチャの中には
チョコレートの香りがつけられているものもあり、
そのせいで犬がチョコレートの匂いを好ましいものとして記憶し、
ニオイをたどることもあるでしょう。

チョコレートの成分は犬にとって危険でも、ニオイだけなら大丈夫…、
などという発想でオモチャやオヤツにチョコの香りをつけることは、
いくら商品を売りたいがためとはいえ、良いことだとは思えません。

ブドウも避けるべき食品

近年、犬にはブドウを食べさせない方がよいということがわかってきました。
まだまだ不明な点が多く、ブドウを食べても
まったく健康に問題のない犬も数多くいます。

しかし、ブドウを食べたことが原因で嘔吐、下痢が激しくなり、
その後食欲がなくなってぐったりとしてしまう犬がいることもまた事実なのです。

この状態から体調が回復しない場合、
腎不全を引き起こして最悪のケースでは死亡しています。

このことからブドウはレーズンなども含めて、
犬にとっては避けるべき食品
として認識しておいた方がよさそうです。

チョコレートと同様に、
オモチャにフルーツの匂いがつけられているものがありますので、
間違ってもグレープの香りは選ばない方がよいでしょう。
そもそも、オモチャに人工的な香りがついている必要はあるのでしょうか?

飼い主の自己満足でそういうものを選んでいると、
大切な愛犬の健康を損なう引き金を自分の手で引いてしまうかもしれません。