グレート・ピレニーズは生活に余裕のある人でなければ無理

グレート・ピレニーズはまさしくピレネー山脈という
厳しい土地での作業犬にふさわしい、堂々とした体躯と被毛を備えた犬種です。

日本では住宅事情もあるため多く見かける犬種ではありませんが、
大型犬を飼いたいと考える人が一度は憧れる犬ではないでしょうか。

グレート・ピレニーズの性格は?

温厚で穏やかであるという記載をよく見かけますが、
当然のことながらそれが全てではありません。


山岳地帯で家畜を守る番犬の役割もしていたのですから、
同時に強い警戒心も併せ持つ犬なのです。

ただ、概して体格の大きな犬というのは
小型犬のようにすぐにキャンキャン騒ぐところが少ないため、
温厚であるという面ばかりがクローズアップされてしまいますが、
いざという時には人間よりも力が強く、
強靭な顎と牙を持つ生き物であることを忘れてはいけません。

グレート・ピレニーズを飼うために知っておくことは?

寒さにはとことん強い犬ですが、当然のことながら暑さにはかなり弱いため、
標高が高い地域に住んでいるか、北海道の北の方でもないかぎりは、
夏場はエアコンが欠かせません。

そのため、電気料金が払えるかどうかわからないような飼い主は、
グレート・ピレニーズを選ぶと犬を苦しめるか、
自分が苦しむかのどちらかになるでしょう。

費用がかかるのは電気代だけの話しではありません

エサ代もその体格を見れば相当のものを覚悟しなければいけないのは一目瞭然ですし、
ワクチン費用なども体重によって段階的に高額になります。

また、シャンプーなどをトリミングサロンに依頼すればかなりの高額になりますし、
自宅で洗うにしても水道代、ガス代、シャンプー代金は小型犬の比になりません。

洗わないでほったらかしのグレート・ピレニーズを見かけることもありますが、
せっかくの白い毛が黄ばんで汚れている姿はかなり悲惨なものがあります。

また、いざという時に体重50kg以上の体を運べるかどうかも、
飼い主は考慮しておくべき
でしょう。

このように、グレート・ピレニーズのような超大型犬は、
余裕をもってその犬を飼える人でなければ安易に欲しがってはいけないのです。

毛色は白だけではない

日本においては圧倒的に白い毛のグレート・ピレニーズが好まれるようですが、
毛色は白一色だけではありません。

白地にグレーや茶のマーキングが入ったものや、
全体的にオレンジがかった色味をしているものなど、
バリエーションにはいろいろなものがあります。

白い毛ばかりを生ませようとする、白ばかりの組み合わせのブリーディングは、
時としてマイナスの因子を表面化させてしまうことがあります。

適度にマーキングの入った個体というのは遺伝的な面でも安定していることが多いですし、
何よりマーキングのピレニーズはとても魅力的ですから、
白い毛ばかりに気をとられることなく選ぶことをおすすめします。