肛門腺を自分でしぼってみよう

愛犬がお尻を床にこすりつけるようにして歩いているのを見たことはありませんか?
あるいは、しきりにお尻を気にしてなめているとか…。

こういう場合は、肛門腺の分泌液がたまってしまっている状態です。

この分泌液が上手に排泄できない子の場合、
肛門腺が炎症を起こしてしまうことがありますし、
そこからバイキンが入ったりすると最悪の場合は破裂してしまうこともある
のです。

肛門腺ってなに?

肛門腺とは肛門の左右についた一対の臭腺のことで、
袋状になった中に独特の臭いをともなう分泌液が入っています。


通常は便をするたびに一緒に排泄されていくもので、
イタチやスカンクが強烈な臭いを発する分泌液を出すことは有名ですが、
犬の肛門腺もこれとほぼ形状は同じものです。

大型犬などにはあまり見られませんが、体格が小さくなるに従って
上手に肛門腺からの分泌液を排出することが苦手な個体は増えていきます。


特に小型犬には分泌液がたまってしまう子が多いため、
飼い主さんはトリマーや獣医任せにせずに、自分でも肛門腺のしぼりかたを覚えると、
愛犬につらい思いをさせないで済むでしょう。

肛門腺のしぼりかた

臭腺からの分泌液は、よくたまってしまう子の場合は
びっくりするほど飛んでしまうことがあるため、
出来るだけお風呂場などでしぼることをおすすめします。

肛門腺のしぼり方
  1. 犬のしっぽをつかんで上方に軽く引っ張り、肛門が少し縦長の楕円形になるようにしっかりと露にします。
  2. その状態をキープして、親指と人差し指で肛門の下3分の1ぐらいの位置を挟むようにします。(肛門を時計の文字盤で例えるなら4時と8時の位置)
  3. 指でしっかり肛門の4時と8時の位置を押さえたら、そのまま下から上へ押し上げるような感じでぎゅっとしぼります。
  4. 分泌液が出てきます。個体によってたまる量が違うため、かなりの量がビュっと飛び出すこともありますし、ドロリとたれるだけの子もいます。
  5. 白っぽくてどろりとした分泌液が出たら、もう少ししぼってみます。最後の方は少し茶色がかった分泌液にかわるかもしれません。しぼってももうそれ以上でなかったら終了です。
  6. 犬のお尻をティッシュなどでそっと拭いてあげてください。シャンプーの時に同時におこなえば、洗い流してあげることができるため尚良いでしょう。

このように、犬の肛門腺をしぼることは難しくもなんともありません。

気をつけるべきは、しぼった分泌液が
自分にかからないようにすることぐらいでしょうか。
けっこう臭いので、お気をつけください。