休日や夜間にかぎって犬の具合が悪くなるのがお約束

私たち人間は特に深刻な持病がなくても、
時には風邪をひいたりお腹を下したりします。

指を切ったり、転んで足をくじいてしまうこともあるでしょう。
それは犬も同じことです。

例え命にかかわるような先天的疾患がなかったとしても、
体調が悪くなることもあれば、思わぬ怪我をしてしまうこともあります。

休日や夜間に限って具合が悪くなるのはお約束

明日から動物病院が連休に入る年末年始等の連休直前に限り、
それまで風邪ひとつひいたことのなかった犬が突然下痢をしたりするものです。

また、お盆休み等で実家に帰り、遊びに連れていった先ではしゃいだ挙句に
高いところから落下して怪我をしてしまうなど、まさしく犬と暮らすということは
人間の子どもが一人増えたのと同じことなのかもしれません。

ただし、人間であれば夜間や休日も対応してもらえる
救急病院を見つけることができたとしても、
犬の場合はそう簡単にはいかないことがあるのです。

動物病院はコンビニのようには見つからない

ペットブームのおかげで動物病院の数が全国的に増えたとはいえ、
どの病院でも年中無休24時間対応で診療してもらえるわけではありません。

それは大都市であってもそうなのですから、
地方に行けば行くほどそのような対応をしてくれる
動物病院を見つけ出すことはかなり難しくなるわけです。

かかりつけにしているいつもの病院なら、なんとか連絡がつけば
時間外や休診日でもどうにか診てもらえる可能性はあるかもしれません。

しかし、それが旅行などで遊びにいった先や、
普段の生活圏ではない帰省先だったらどうでしょうか。

よほど運でもよくない限り、あてもなく夜中に探し回ったところで、
すぐに対応してもらえる動物病院を見つけ出すことはかなり難しいのです。

インターネットやタウンページなどを駆使して見つけたとしても
かなり距離があったりと、苦しむ愛犬を一刻でも早く
獣医さんに診てもらいたい飼い主にとっては、
焦りばかりが募ることになるかもしれません。

病院の情報を集めておく

犬が怪我をしたり、具合が悪くなってから
あわてて診療してもらえそうな病院を探すより、
あらかじめある程度の下調べをしておいた方がずっと効率はよくなります。

いろいろ調べ、結果的に必要がなかったとしても、
それが一番なのですから調べたことが無駄になるわけではありません。

家の近所のかかりつけだけではなく、
行く可能性のある場所の動物病院の情報を持っていることは、
いざという時に必ず役に立ちます。


具合が悪くなって苦しむ愛犬の心配をしながら病院を探すより、
余裕のある状態で情報を集めることで、口コミなどを含めて
その病院が信頼に足るかを調べることもできるでしょう。

それにより、緊急外来を受け付けていると見せかけて、
実は法外な診療代金を要求する悪徳獣医にひっかかってしまう、
などという最悪の事態も避けることができる
のです。