糖尿病になった犬の食事

愛犬が糖尿病であると診断されたら、ショックを受けない飼い主さんはいません。
人間においては現代病ともいえる糖尿病ですが、犬にとってもいまや他人事ではないようです。

人間でいうところの糖尿病は、贅沢病のような捉え方がされることが多いのだとか。
確かに、好きなだけ飲み食いをしたあげく糖尿病になったとすれば、それは贅沢病といわれても仕方がありません。
しかし、節制した生活を送っていても体質から糖尿病を発症してしまう人はいるんです。

それと同じように、人間の食べ物を食べたことがない犬や、肥満ではない犬が糖尿病を発症することもあります。
もしも残念なことに愛犬が糖尿病になってしまったら、嘆いている暇なんてありません。
飼い主として愛犬のためにしてあげられることは、いろいろとあるんです!

犬の糖尿病とは

糖尿病とは膵臓(すいぞう)で作られる血糖値を下げるホルモン――インスリンがなんらかの理由で不足する、もしくはきちんと作用しなくなった状態です。
インスリンには血液中のブドウ糖を細胞内に取り込み、代謝してエネルギーに変える働きを促進する役割がありますから、不足すればエネルギー不足を引き起こすことになります。
さらには、血液中に使われないブドウ糖があふれることで慢性的な高血糖になり、様々な合併症を引き起こしてしまう恐れもあります。

そんな糖尿病にはⅠ型――インスリン依存型と、Ⅱ型――インスリン非依存型があるのですが、犬の場合はそのほとんどがⅠのインスリン依存型
要するに、なんらかの原因で膵臓の機能が低下したことにより、インスリが不足して糖尿病に至っているわけです。

糖尿病の犬の食事

愛犬が糖尿病と診断されたからといって、明日をもわからない大病にかかってしまった!と嘆く必要はありません。
獣医師の指示通りにきちんとインスリンを投与し、さらには糖尿病を改善させる食事に変えることで、症状を軽くしていくことは可能なんです。

食事についても糖尿病の療法食がありますので、悲観的になる必要はありません。
とは言え、この糖尿病の療法食を食べない犬も、実は少なからずいます。
理由は単純。
今まで食べてきたものに比べて美味しくないからです。

しかし、療法食を食べないからといって、あきらめる必要はありません。
ちょっとした工夫を加えることで、ちゃんと食べてくれるようになることも多いんです。

療法食のドッグフードに加える一手間

もしも愛犬が糖尿病を発症し、療法食を食べてくれない場合は、手作り食と併用すると良いかもしれません。
もちろん、手作り食オンリーでもオッケーです。

いずれにしても、糖尿病の犬の食事において、一番に考えなければいけないのは、食事をした後に血糖値が急上昇しないこと
なぜなら血糖値が急上昇してしまうと、ただでさえインスリンが上手く出せない状態の膵臓に、ムチを打つことになるからです。
それを避けるためには、血糖値を急上昇させる糖質が多く含まれた食材は避けなければいけません

そのため、療法食のドッグフードに何かを追加するとしたら、まずは肉の茹で汁などが安全です。
糖尿病の場合カロリーの摂り過ぎは禁物ですが、少なすぎてもエネルギーが不足して元気になれません
肉の茹で汁で食欲をそそりつつも、療法食の栄養バランスには影響を与えていないところがポイントです。

また、少量であればチーズをトッピングしても良いかもしれません。
チーズはカロリーが高いからダメなのでは!?と思われがちですが、実は意外にも血糖値上昇が少ない食材の一つ。
ただし、食塩が使われていないものを選ぶことが大切です

手作り食の場合の食材選び

完全に手作り食で糖尿病になった犬の食事を作るなら、肉類は高タンパクで低脂肪のものが安全です。
鶏肉のササミや胸肉、魚の白身といったところでしょうか。

とはいえ、栄養が不足しすぎても良い食事とはいえません。
そのため、少量のレバーを加えるとビタミンやミネラルを摂取させることができます。
血糖値を急上昇させやすい麺類や白米は避け、穀物を加える場合は血糖値の上昇が緩やかな大麦や玄米が安心です。

果物は基本的には避けたほうが良いのですが、野菜となるとそうもいきませんよね。
適度な食物繊維は糖尿病の治療に効果的ですから、組み合わせに注意をして食材に取り入れたいところです。
サツモイモやジャガイモ、ニンジンなどは糖質の多い野菜ですが、栄養の面から考えると完全に制限する必要はありません。
白菜などの葉野菜とともに少量を加えることで、血糖値を急激に上昇させない食事を作ることは充分に可能です。

改善すれば食べ物の幅も広がる

急激に血糖値が上がらない食事とインスリン投与により、体調は改善するはずです。
そうなれば、食べるものの幅も少しずつ広げていくことができますから、あきらめるのは禁物ですよ!