信頼できるペットシッターを見つけておきたい

急な用事ができてしまい、家を長時間留守にしなければいけなくなった――。
一人暮らしの飼い主さんにとっては、とても困る場面ですよね。

家族で暮らしてれば問題ないかといえば、意外にそうとも言い切れません。
葬儀などは家族全員が参列することもありますし、それが遠方であれば、結局は犬だけを残して行かざるをえなくなるのではないでしょうか。

こんなとき、愛犬の世話はどうしたらいいのでしょうか。

ペットホテルに預けたいけれど……

その昔、近所とのおつきあいが濃厚だった時代なら、犬はお隣に預ければよかったのかもしれません。
しかし、いまどきの近所づきあいでは、なかなかそうもいかないのではないでしょうか。

それでもなんとか預かってくれそうな友人知人を探すぐらいなら、ペットホテルに預けるほうがずっと気楽なのは間違いなさそうです。

しかし、環境の変化が強いストレスになりやすいナイーブな気質の犬や、持病がある犬、年老いて体のきかない犬などは、気軽にペットホテルに預けるわけにもいきませんよね。
そうなると、次に思い浮かべるのがペットシッターの存在ではないでしょうか。

日本でのペットシッターの認知度はいまひとつ

現在の日本において、ペットホテルに比べるとペットシッターの認知度は、残念ながら高いとは言えないのが現状です。

最近は、多少普及してきた感もありますが、それはあくまでも大都市圏での話しです。
地方においては、まだまだだと言わざるを得ません。

そもそも、なぜペットシッターはペットホテルに比べていまひとつメジャーな存在になれないのでしょうか。

その理由の一つとして、「留守のとき、知らない人に家に入られたくない」という飼い主の心理的な抵抗感があげられるのかもしれません。
家の中を物色されたらどうしよう、何かを盗まれたらどうしよう、という不安感です。

そういった心配を解消するために、立ち入ってほしくない部屋のドアには専用の封をあらかじめ貼り付けておき、入らなかった証明をするペットシッターもいるのだとか。

なんにせよ、ペットシッターがきちんと仕事を遂行するためには、まずは顧客である飼い主からの信頼を得なければ始まらないのかもしれません。
なんとも大変な仕事ですよね。

愛犬にとってストレスの少ない留守番方法とは?

ペットホテルに預けるにしろ、ペットシッターに依頼するにしろ、大事なのはどうすることが犬にとって最も良い選択なのか、ということではないでしょうか。

犬にとって一番嬉しいのは、いつでも飼い主がそばにいること。
しかし、事情があってそれができないわけですから、少しでも犬にとってストレスの少ない方法を選んであげてほしいのです。

社交的な犬であれば、ペットホテルで他の犬と触れ合うことが、飼い主不在の寂しさを和らげることにつながるかもしれません。
しかし、それが難しいのであれば、ペットシッターを選択肢に入れてみてもいいのではないでしょうか。

事前にリサーチしておく

ただし、ただ単に依頼すればいいというものではありません。
愛犬の世話を任せてもいいと思えるような、信頼できるペットシッターなのか否か
その判断を飼い主が自身の目でしっかりと見極める必要があります。

そのためにも、日頃からペットシッターの情報を集めておき、いざというときのために、あまり長くない留守番で予行演習しておくと、良い判断材料になりますよ。