MENU

犬種別ドッグフードは必要?それとも不要?

この記事の目次

どのドッグフードにしようか悩んでいる時、
犬種別ドッグフードなるものが気になったことはありませんか?

犬種別ドッグフードといっても、
すべての犬種にラインナップがあるわけではありません。

自分の愛犬が該当しない犬種だったら、
「へぇ、こんなのがあるんだ?」ぐらいの感覚で済ませられるでしょう。

しかし、もしも愛犬の犬種が
犬種別ドッグフードのラインナップに
入っていたとしたら、どうでしょうか?

犬種の特徴にフォーカスしているとはいうものの…

犬種別のドッグフードは、
その犬種が持つ特徴に対応して栄養バランスが整えられている、
との説明がされています。

たとえばミニチュアダックスフンド用だったら、
短い足に負担がかからないように、関節に良いとされる成分が配合されています。

ヨークシャーテリア用なら、被毛の維持に効果のある成分……、
というような具合になるでしょうか。

しかし、よくよくドッグフードの原材料や栄養素の配合バランスを見てみると、
そんなにびっくりするほどの違いはありません。


ダックス用に配合されている関節に良い成分は、
ヨーキー用にも配合されていたりします。

となると、わざわざ犬種別フードを選ぶ必要はない、
ということになるのでしょうか?

何に重きを置いて選ぶのか?

――犬種別ドッグフードなんて、メーカーの販売戦略でしかない。
そんな意見がされることもあり、
まあ、あながち外れてはいないのかもしれません。

しかし、犬種別ドッグフードなんて意味がないかといえば、
そうとも限らないのではないでしょうか。

犬種別ドッグフードの犬種に該当するからこのフードを選ぶ。
そんな単純な感覚で選ぼうとするから、
どこかメーカーの思惑に踊らされているような気分が抜けないのかもしれません。

しかし、自分の愛犬の体質や特徴を考えたうえで
「○○の成分が配合されているドッグフードを選びたい」
という感覚で選んだとしたら?

もちろん、その成分が配合されているドッグフードは、
犬種別フードではないものにだってあるかもしれません。

しかし、そういった犬種別ではないドッグフードと比較検討したうえで、
使われている原材料の質、栄養バランス、価格などを総合的に判断した結果
「犬種別フード」が一番良いと判断したのなら、
それは飼い主としてまともな選択であると言えるのではないでしょうか。

選んだフードが血となり肉となる

どのドッグフードを愛犬のために選ぶのか――。
この選択は、考えれば考えるほど深みにはまり、
決めかねてしまうことはよくあることです。

しかし、それでもやはり考えなければいけません。
なぜなら自分が選んだドッグフードが愛犬の血となり肉となり、
命を維持する元になるからです。

しかも、犬の側には選択権がありません。
飼い主の責任として「どれにするべきか?」ということを
悩みに悩むのはある意味当たり前のこと。

そのうえで犬種別フードがいいと判断したら、外野の意見に惑わされることなく、
それを選べばいいのではないでしょうか。